アーティスト使用機材

Lucie,Too(ルーシートゥー) Chisa(チサ)の使用ギター・エフェクター

Lucie,Too

2017年に結成し、同年12月に後悔した楽曲「Lucky」のMVがYouTubeで再生回数296万回(2020年4月時点)と、驚異的な再生回数を誇るLucie,TooのギターヴォーカルのChisa(チサ)さんはどんなギター、アンプ、エフェクターを使用しているの?という方のためにChisaさんの使用機材をまとめました。

Lucie,Too(ルーシートゥー)

2017年にされた2人組ガールズバンドのLucie,Too(ルーシートゥー)。(3人組として活動開始しましたが、2020年1月にベースのかなこさんが脱退)

クリーンなシングルコイルのギターサウンドが特徴的なギターロックでありながら曲調とルックスはどポップで、癖がないのに妙に癖になる不思議なバンドですね。

YouTubeの楽曲MVの再生回数は異常に高く、コメント欄に海外からのコメントが多いのもこれまた不思議な魅力な一つです。

ぎたくま君
ぎたくま君
日本からよりむしろ海外からのコメントのほうが異常に多いので、日本ではないどこかでバズったんですかね。

バンド名のLucie,Too(ルーシートゥー)はアメリカのオルタナティブバンド「NOW NOW」の楽曲から。

 

当初はこういったダウナーなオルタナティブロックをやりたかったんだとか。

今回は、そんなLucie,TooのギターヴォーカルのChisaさんの使用しているギターやエフェクターなどの機材について紹介していきます。

Lucie,Too Chisa 使用機材

Chisa 使用ギター

2019年頃からのメインギター
おそらくFender Japanのもの。テレキャスターには珍しいローズウッド指板のモデルです。
Lucie,Too Chisa Fender Telecastger
活動初期~2019年のメインギター
現在は販売していないFender Japan MG-73 COのオリンピック(ビンテージ)ホワイト
Lucie,Too Chisa Fender Mustang

’73ムスタングのリイシューで、バスウッドボディローズウッド指板の軽量なFender Japanのモデル。

なんといってもそのルックスがかっこいいギターですね。

バスウッドは比較的メジャーなボディ材でとても軽量で扱いやすいですが、アッシュやアルダーと比べるとトーンに癖があります。

Chisa 使用アンプ

基本的にはMarshall系の真空管アンプを使用しているようです。

2018年ごろからのメインアンプ
世界に250台しかない限定生産のアニバーサルモデル “Marshall Bluesbreaker 1962 Reissue 35th Anniversary Edition (1997)”

 

ホワイト・トーレックスで覆われたボディが美しいコンボ・アンプのBluesbreakerです。

このアンプはマーシャル社35周年を記念して250台限定のアニバーサリーモデルとして生産されました。

グリル左下に取り付けられたバッジは限定モデルであること記しています。

2018年より前のライブにおけるメインアンプ

 

そのほか、“Lucky”のMVではFender Stage Lead IIも使用していますね。

残念ながらFender Stage Lead IIは現在ほとんど流通していないようです。

Chisa 使用エフェクター

Lucie,Too Chisa 使用エフェクター2
TS808をダウンサイジングし、しかもトゥルーバイパス化したオーバードライブ

ちっちゃいのにオリジナルのTUBE SCREAMERよりもパワフルという素晴らしいエフェクターです。

音質については申し分ないけれど、若干オン・オフのLEDが暗めとの評判も。

いわずと知れたボスのブルースドライバー。TUBE SCREAMER MINIとともにメインの歪みとして使用

 

Lucie,Too Chisa 使用エフェクター
ブースターですが、曲によってはゆるめに常時オンで使用しているようですね
ギターソロ時にオンにしてゲインを上げて厚みを持たせています

Lucie,Too Chisa 音作り

Chisaさんのギターの音色はシングルコイルギターの特徴的なトレブル・ミドルを多めに残した「プリッ」とした音です。

真空管アンプをメインで使用することが多いですが、歪みはアンプで作るというよりは阿蘇もとで作っているようです。

そうすることによって、ギターの音がつぶれてしまわずに曲の中で際立って残っています。

そのため、足元の歪み系エフェクターは多めで、足元のペダル5台のうち4台は歪み系というラインナップ。

ギターのピックアップはセンターもしくはリアが多め。

クリーントーンではセンター、ドライブトーンではリアもしくはセンター、といった感じでしょうか。

Lucie,Tooで一番”バズっている”曲「Lucky」

1分41秒という絶妙な短さも癖になる一つの要因でしょうね。

この曲ではムスタングのリアピックアップのみをオンにして抜けの良いクランチサウンドを作っています。

一曲通して音色は一つだと思うので、まずはこの曲でLucie,Tooのベースとなる音を真似てみるといいでしょう。

Lucie,TooをApple MusicやAmazon Music Unlimitedで聴こう

今回はLucie,Tooの使用機材を紹介しましたけど、そんなLucie,Tooも、Apple MusicAmazon Music Unlimitedでほとんどの楽曲が公開されており、月額サブスクリプションで聴き放題にもできます。(一部楽曲はプライムミュージックでも聴き放題のようです)

ぎたくま君
ぎたくま君
まずは無料体験でその素晴らしさを実感してみて!

TRY NOW

Apple Musicを3ヵ月無料で体験!

✓無料期間後は月額980円もしくは年額9,800円

TRY NOW

Amazon Music Unlimitedを30日無料で体験!

✓無料期間後は月額980円(780円)もしくは年額9,800円(7,800円) ※カッコ内はPrime会員特別料金

ギタリスト向けオススメ情報

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。