アーティスト使用機材

BUMP OF CHICKEN 藤原基央 増川弘明の使用ギター・エフェクター

BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENのヴォーカル兼ギタリストの藤原基央さん、ギタリストの増川弘明さんはどんなギター、アンプ、エフェクターを使用しているの?という方のために藤原基央さん、増川弘明さんの使用機材をまとめました。

BUMP OF CHICKEN

当初はオルタナティブギターロック、ロキノン系、と言われるジャンルの代表格として有名になったBUMP OF CHICKEN。「天体観測」から火が付き、数々のメディアミックスなども経て今では本当に様々な人から愛されるバンドとなりました。テレビにはあまり出演しないですが、にもかかわらず知名度が高いバンドといえます。

歌詞はストーリー性のあるものも多く、映画のような音楽であることが特徴的。その影響もあって、映画とのタイアップも多いです。

フロントマンである藤原基央さんは、Mr.Childrenの桜井和寿さんや、東京事変などの亀田誠治さんなどからの評価もあつく、ミュージシャンの中でも評価は高いです。

機材はBOSS製のものも多く見受けられます。ギターはデビュー当初から愛用しているギブソンのレスポールが特徴でしょうか。昔はギブソンレスポールとマーシャルのアンプで完結したようなザ・ギターロックな音でしたが、中期からはいろいろなエフェクトを使うようになりました。また、最近では藤原さんはアコースティックギターをバンド音に混ぜることも多いです。

リリース音源はほぼすべて半音下げチューニング(ハーフ・ダウン・チューニング)が用いられているのが特徴で、若干オープンコードの響きなどが太くなっています。

BUMP OF CHICKEN メンバー

Gt&Vo : 藤原基央

BUMP OF CHICKENのほぼ全曲の作詞・作曲を担当している。

Gt : 増川弘明

Ba : 直井由文

愛称は「チャマ」

Dr : 升秀夫

BUMP OF CHICKEN 藤原基央 使用機材

使用ギター

その他 FenderやSonicのStratocaster、Rickenbackerも使用
Les Paul Specialは藤原さんの代名詞

TVイエローカラーのレスポール・スペシャルは上記のものを4本、ギブソン57年製のビンテージ、Sonic製、トーカイのホンダサウンドワークスモデルなど数本所有しており、BUMP OF CHICKENのサウンド=レスポール・スペシャルと言っても過言ではありません。

レスポールのピックアップは基本的にセンターを使用しており、ギターとアンプでの歪みに重きを置いた音作りをしている。

使用アンプ

初期ではMarshallをメインに使用していました。また、すべてのアンプをホンダサウンドワークスにて真空管交換などの調整をしているようです。

使用エフェクター

その他、FAR EAST ELECTRIC オリジナルカスタムメイドのA/B BOXやブースターを使用
弦はERNIEBALL REGULAR SLINKY、ピックはFender 346 Shape White Medium(白のおにぎり型ミディアム)を使用
まずはレスポールとアンプで基本の音作り!

歪み系のエフェクター類は味付け程度にしておき、BD-2をブースター的に使えば音を真似られるのではないでしょうか。

BUMP OF CHICKEN 増川弘明 使用機材

使用ギター

ライブでは殆どギブソンのレスポール・スタンダードを使用

使用アンプ

使用エフェクター

その他、FAR EAST ELECTRIC オリジナルカスタムメイドのA/B BOXやブースターを使用
弦はERNIEBALL REGULAR SLINKY、ピックはHERCO FLEX75を使用

BUMP OF CHICKEN 音作り

楽曲の方向性やバンドアンサンブルはデビュー当初と最近ではかなり変わっておりますが、意外とエレキギターの音作りはそこまで変わっていないような気がします。若干歪みが減り、クリーントーンが多くなったくらいでしょうか。歪みの質も、昔に比べれば上質になっています。

藤原さんも最近はほとんどアコースティックギターを使用していますね。

基本的にはエフェクターよりも、ギターとアンプのサウンドを活かしながらベーストーンを作っています。アンプのトーンはミドルをやや強調していますが、ローやハイもそこまで絞っているわけではありません。ピックアップは主にセンターを使っているようです。
ただ、ストラトやテレキャスなどで同じ設定にするとキンキンしてしまうので、そういったギターを使用する場合は、ギターの手元のトーンを絞るなどして調整が必要かもしれません。

エフェクターはとりあえず歪み系とディレイのみで近い音までは作れるはずです。
非常にギターとアンプに左右される音作りをしているようですので、手持ちのギターとアンプで試行錯誤して、近い音を探してみるのも楽しいかもしれませんね。