ギター機材

【初心者にもオススメ】アコギを買うならGibson J-45!と迷わず僕がオススメする理由

Gibson J-45
この記事の内容
  1. アコギの購入を迷っている人に断然Gibson J-45をオススメ
  2. アコギ初心者にも知っておいてほしいGibson J-45の魅力を紹介
  3. GIbson J-45で今後のアコギライフが変わります

弾き語りを始めてみたい。エレキギターをやってるけどアコギで一人で歌ってみたい。

そう思ったらまずはアコギを買わないといけないですよね?

弾き語り初心者
弾き語り初心者
初心者だからまずは5万円以下くらいで良さげなやつを買おうかな

なんて思うかもしれませんが、結論から言うと僕は絶対にGibson J-45をオススメします。

最初からいいギターを買った方がいいですよ、とかGibsonのアコギ、とか曖昧なことは言いません。Gibson J-45を買ってください

特に弾き語り目的であれば、こんなにバランスが良くてアコギらしい生音が鳴るギターを他に知りません。

もちろん、2台目以降のアコギにもGibson J-45はオススメです。

僕も5本以上のアコギを渡り歩いたすえにGibson J-45にたどりついて、最初にジャラーンと鳴らしたときにこう思いました。

ぎたくま君
ぎたくま君
Gibson J-45は一生寄り添っていくギターやな。

Gibson J-45はアコギを弾く楽しさが圧倒的に違いますし、アコギを弾くのが楽しくなればその分上達も早いです。

プロアーティスト、特に弾き語りのシンガーソングライターの愛用者も多く、将来的にライブや配信などで活動することになってもずっと使い続けられるとてもいいギターでもあります。

そしてなんといっても「ザ・アコギ!」というルックスが最高です。ギター選びにおいて見た目ってめっちゃ大事なんですよね。異性に対する一目惚れみたいなもんなんです。

そんなわけで、今回はそこまで僕がそこまでGibson J-45をオススメする理由について書いていきます。

Gibson J-45ってどんなギター?

GIbson J-45とは、ギターメーカーとして世界で一番愛されているであろうGibson社が1942年に発売を開始したラウンドショルダー型大型アコースティックギター(Jumboサイズ、頭文字のJが名前の由来)です。

ラウンドショルダー型とは「丸肩」という意味ですが、ギターを立てて正面から見たときに人間の身体にみたててちょうど肩のように見える部分(ネック側のボディのカーブ部分)が丸いものを指します。

J-45の45は当初の発売価格が45ドルであったことからだそうですが、物価が違うとはいえ現在では考えられないくらいの安さですね。

ちなみに僕は2001年製のGibson J-45(ヴィンテージサンバースト)を使用しています。

Gibson J-45 2001僕の愛用するGibson J-45 2001

Gibson J-45 スペック

スペックは製造年代によって微妙に違いはあるのですが、基本的には以下のような木材が使用されています。

【トップ材】 シトカスプルース
【バック&サイド材】 マホガニー
【ネック材】 マホガニー
【フィンガーボード材】 ローズウッド

アコギとしては一般的な木材の組み合わせで製作されていますので、「アコギらしい」とても素直な音になります。

Gibson J-45 音の特徴

低音から高音までハッキリと輪郭が出て、若干硬めのサウンドがGibson J-45の特徴です。

また音量も大きいため、アコギメーカーとして双璧をなすMartinと比べると迫力があります。

とはいっても、柔らかい音や静かな曲にも全く問題なく使えますので、アコギとしてプレーンでオールラウンダーな音、と言えますね。

そのサウンドの特徴から特にコードストロークしたときの鳴りがとても気持ちよく、また、ジャキジャキとした音なので弾くだけでパーカッシブな「ノリ」を出すことができます。

ぎたくま君
ぎたくま君
バンドの中で使用してもしっかりと存在感を出してくれそうです。

Gibson J-45 見た目の特徴

形、大きさ、ヘッドの形状、ストラップピースの場所などが「これぞアコギ!」といったルックスでとてもカッコいいです。

サンバーストカラーのものがGibson J-45のカラーとしては一般的ですが、赤っぽいもの、真っ黒のもの、ナチュラルカラーのものなども探せばありますよ。

ぎたくま君
ぎたくま君
お気に入りのGibson J-45を探してみるのもいいかもしれませんね。

Gibson J-45 弾きやすさ

さすがGibson、弦の高さなども計算し尽くされた設計で、ものすごく弾きやすいです。

初心者は特にこの「弾きやすさ」を重視したほうがいいですね。

特によくわからないメーカーのギターなどでは「音はそこそこいいけどとても弾きにくい」みたいなこともありますので、注意が必要。

その点、Gibsonは弾きやすさについて抜群の信頼性がありますよ。

Gibson J-45にオススメの弦

アコギの弦には、80/20 Bronze(ブロンズ)弦と、Phosphor Bronze(フォスファーブロンズ)弦の2種類があります。

ざっくりとした2つの違いは以下の通り。

【80/20 Bronze(ブロンズ)弦】

⇒ 一般的なアコギ用の弦で、やや落ち着いたアコギらしい音が出る弦

【Phosphor Bronze(フォスファーブロンズ)弦】

⇒ ブロンズ弦に比べてとてもキラキラした、弦自体の主張のある音が出る弦

使用するアコギやプレイスタイル、演奏するジャンルによっても合う合わないがあるのですが、Gibson J-45で弾き語りに使用するなら断然ブロンズ弦をオススメします

その中でも僕は、Gibson純正で弾きやすさも重視した少し細めのブロンズ弦SAG-BRS11を使用しています。

Gibson J-45にフォスファーブロンズ弦を張ると、特に弾き語りで多用するコードストロークではあまりにもキラキラしすぎて若干うるさい印象になってしまうんですよね。

ただ、調べてみると弾き語りスタイルであっても「Gibsonにはフォスファーブロンズ弦」と言う方も多いようです。

結局は好みだと思いますので、最初はブロンズ弦とフォスファーブロンズ弦両方試してみて、好みで決めれば良いでしょう。

Gibson J-45をオススメする理由

1. 生鳴りが抜群に気持ちよく、アコギを弾くのが楽しくなる

エレキギターと違ってエフェクターやアンプでごまかすことができないので、アコギは生音が命です。

エレキギターは安いギターでもそこそこの音に仕上げることができますが、アコギではそれができません。

ぎたくま君
ぎたくま君
実際僕も1万円くらいのギター、3万円くらいのヤマハのギターなんかも使ってきましたが、やっぱり音が全然違いました

そんな中、生音の鳴りが一番気持ちいいアコギは何か?と聞かれたら迷わず僕は「Gibson J-45!」と答えます

ジャンボサイズであることから箱(ボディ)鳴りがとてもよく、アコギのボディを抱える身体にもその振動が心地よく響きます。

その心地よい振動がアコギを弾く楽しさを増幅させてくれるので、「もっとアコギを弾きたい!」という気持ちにさせてくれるのです。

2. 「Gibsonのアコギを使用している」というだけでカッコいい

「どんなギターを使っている?」という話になったときに、「Gibsonのギター」と言うとやっぱりカッコいいんですよ。

例えばヤマハのアコギなんかもそこそこいい音が鳴るのですが、「ヤマハのギターを使っている」と聞いても「カッコいい」とはなりませんよね?

Gibsonギターのブランド力というのは偉大で、自分自身も「Gibsonのギター」を弾いている自分に酔うことができます。

実はこの「Gibsonのアコギを弾いている自分、カッコいい」という気持ちはアコギを弾くうえでとても大事なんですよね。

練習するモチベーションにもなりますし、ステージに立ったときも「カッコいい自分」を見せる気持ちは重要です。

3. ジャキっとした輪郭のある音が弾き語りによく合う

すでに紹介した通り、Gibson J-45はジャキジャキっとした輪郭のある音が出ます。

弾き語りスタイルでは特にコードストロークやカッティングなどを多用するのですが、このジャキジャキっとした音がそういったスタイルにおいてとてもよく合います。

というのも、弾き語りにおいてアコギは弦楽器的な伴奏の役割のほか、リズムを作る打楽器的な役割も果たさなければなりません。

他のメーカー製、特にMartinのD-28なんかはとても柔らかくて綺麗な音が得意だったりするのですが、この「リズム楽器的な要素」を強く出すことが難しかったりするので、弾き語りにはあまり向いていないのです。

ぎたくま君
ぎたくま君
僕も実際にMartinを使っていたこともありますが、弾き語りスタイルに使うのは難しかったです。

最初から弾き語り以外のジャンルを考えているのであれば別ですが、弾き語りを考えているのであればこの要素を考慮してアコギを選ぶことが大事です。

4. 一生これ一本でもOKの耐久性と信頼性

Gibson J-45はアコギの中でもスタンダードであると同時に、最高のギターです。

大事に弾いていけば何十年と弾いても変わらず良い音が鳴りますし、なんなら子供の代にも引き継いでいくこともできます。

木材は上質なものを使用しているので、長く使ってもネックの曲がりも少ないですし、へたったり音が悪くなることはありません。

ずっと使い続けられる、という信頼性はGibsonのギターならではではないでしょうか。

5. プロアーティストもこぞって使用している

特に弾き語りスタイルで楽曲を披露することのあるプロアーティストはほとんどがGibson J-45の愛用者です。

Gibson J-45 使用アーティスト
  • 吉田拓郎
  • 長渕剛
  • 井上陽水
  • 秦基博
  • 奥田民生
  • 山崎まさよし
  • 斉藤和義
  • 星野源
  • 福山雅治
  • Bob Dylan(ボブ・ディラン)
  • 北川悠仁(ゆず)
  • 小渕健太郎(コブクロ)
  • 大橋卓弥(スキマスイッチ)
  • 桑田佳祐(サザンオールスターズ)
  • 桜井和寿(Mr.Children)
  • 藤原基央(BUMP OF CHICKEN)
  • 野田洋次郎(RADWIMPS)
  • 山口一郎(サカナクション)
  • 吉岡聖恵(いきものがかり)

まだまだたくさんいますが、これだけの名だたるプロアーティストに長い間にわたって愛されている、ということはGibson J-45がそれだけ良いギターであるということの証明ですよね。

秦基博さんはキャリアで一貫してGIbson J-45を使用しており、「鱗(うろこ)」の弾き語りでは、弾き語りスタイルにバッチリ合うその魅力を確認できます。(おそらく秦基博さんはフォスファーブロンズ弦を使用しているのか、きらびやかなサウンドになっています)

 

星野源さんも弾き語りではよくGibson J-45を使用しています。

「くだらないの中に」の弾き語りでは、Gibson J-45で柔らかい表情での弾き語りもこなせることを感じ取っていただけると思います。(星野源さんはGibson J-45にブロンズ弦を合わせているようです)

 

星野源
星野源(SAKEROCK)の使用ギター・アンプ星野源の使用ギター・エフェクター・アンプなど使用機材を紹介しています。このページで紹介している機材を使用して、星野源の音作りを真似てみましょう!...

Gibson J-45をオススメする理由 まとめ

本記事は「【初心者にもオススメ】アコギを買うならGibson J-45!と迷わず僕がオススメする理由」について書きました。

Gibson J-45は本当にいいギターですので、少し高いですが絶対に買って後悔はしません。

5万円くらいの中途半端なアコギを買ってもほぼ確実に物足りなくなって将来的に買い換えることになりますので、それならば一生使うつもりで最初からGibson J-45を買うべきです。

なによりもアコギを弾く楽しさが他のどんなギターよりも大きく、Gibson J-45を弾く楽しさでどんどんと上達してどんどんとアコギを好きになりますので、初心者にこそぜひオススメしたい。

ぎたくま君
ぎたくま君
そして、Gibson J-45は「愛着が沸くギター」です。

ぜひともご自分のGibson J-45を手に入れて、可愛がってあげてください。

アコギでライブ
これだけ買えば大丈夫!アコギをライブハウスでも使えるようにする方法アコギをライブハウスで使えるようにするためにはどんな機材が必要なのか?この記事では、アコースティックギターをライブハウスやスタジオでミキサーに繋いで使えるようにする方法を丁寧に解説し、さらにおススメの機材も紹介しています。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。