アーティスト使用機材

星野源の使用ギター・アンプ

星野源

星野源さんはどんなギター、アンプ、エフェクターを使用しているの?という方のために星野源さんの使用機材をまとめました。

星野源

俳優、バンドマン、エッセイスト、ミュージシャン、とさまざまな分野でマルチな活動をみせる星野源さん。もともとはSAKEROCKというインストバンドでの活動と劇団大人計画での演技での活動が中心でしたが、ソロでのシンガーソングライターとしての活動で脚光を浴び始めると同時に俳優業でも代表作が増えていきました。

2012年~2013年はくも膜下出血の手術や闘病生活で活動を休止したりもしていましたが、無事に復帰。

2016年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主演で一躍有名になり、また、そのドラマのエンディングテーマ『恋』の振り付け「恋ダンス」は社会現象にもなりました。昔からのファンからすれば、「人気俳優」「人気ミュージシャン」としてのいまの星野源さんの立ち位置は少し悲しくもあるのですが。

今も変わらず魅力的な楽曲を世に送り出し、俳優としても活躍の幅を増やしている星野源さん。身体には気を付けて、今後もどんどんと活躍してもらいたいですね。

星野源 : 使用ギター

バンド編成時のメインギターはGibson ES-125
弾き語りでのメインギターはGibson J-45

昔はGibson B-25がメインギターでしたが、最近ではGibson J-45をよく使用しているようですね。

星野源 : 使用アンプ

SHINOSのウェブサイトに機材写真とコメントが載っています。「ちゃんと楽器の音がする」んだとか。