アーティスト使用機材

くるり 岸田繁の使用ギター・エフェクター

くるり

くるりのヴォーカル兼ギタリストの岸田繁さんはどんなギター、アンプ、エフェクターを使用しているの?という方のために岸田繁さんの使用機材をまとめました。

くるり

初期はフォーキーなギターロックバンドであったが、アルバムごとに大きく音楽性や趣向を変えて多くの作品を手掛けてきたくるり。そんな中、オリジナルメンバーの岸田繁さん、佐藤征史さん以外のメンバーは変動的で、入れ替わりやサポートメンバーとともに活動することが多いです。(くるり Wikipedia参照)ただ、過去のメンバーである大村達身さんやクリストファーさんなど、それぞれの過去のメンバーもファンから愛されているバンドでもあります。

アルバムごと、時期ごとに色々なことを試しており、また録音用とライブ用で分けてもいるので機材も常に変動している印象ですが、ある程度使い続けている機材もありますので、ここに掲載している機材を参考にしていただければと思います。

くるり メンバー

Vo&Gt : 岸田繁

Ba : 佐藤征史

Tr : ファンファン

くるり 岸田繁 : 使用ギター

岸田さんと言えばこのギター!というものがないので、ギターはある程度好みで使い分けてもいいかもしれません。気に入ったライブ動画などを参考に、真似てみてはどうでしょうか。

くるり 岸田繁 : 使用アンプ

くるり 岸田繁 : 使用エフェクター

FENDERのモノグラムストラップを好んで使用しています。

ライブ時は基本的にはギターとアンプで歪みの音色を作り上げているとか。

過去のtwitterなどで公開されていた画像も参考になるかもしれません。

https://twitter.com/Kishida_Qrl/status/796571295513088000/photo/1